アプローチ石張りって何?天然石・鉄平石の石張りのメリット・デメリット!

◇アプローチやお庭の床の材料・種類について紹介します。

・今回はアプローチなどで使われる天然石鉄平石の石張りについての説明です。

石張りは和風から洋風まで幅広いジャンルで使用される舗装(装飾)方法で、耐久性を持たせるだけでなく、美しいデザインを実現することができます。石材の多様性から、お客様の好みやテーマに応じたカスタマイズできる点も魅力の一つです。


◇石張りとは

石張りとは、主に天然石を薄く割り、形を整え、モルタルで固めた舗装で、使用される石材は様々な種類があります。海外輸入の石や国産の石があり、鉄平石もその一つです。

石張りには石材の種類だけでなく、張り方にも種類があり、乱形張り・方形張り・などがあります。石の大きさや張り方次第で印象が違うものになり、建物に合う張り方を考えるのも石張りの魅力です。


※鉄平石(てっぺいせき)とは、長野県の諏訪地方・佐久地方に広く分布する輝石安山岩の板状節理がよく発達したもので、板状に剥がれやすい性質を持ち、2~3cm内外の厚さに剥離(はくり)された鉄平石は、建築用の内装外装用石材として広く利用されています。


メリット

・耐久性が高い。天然の石を使用している為、非常に耐久性があり、雨風や日光にさらされても、劣化が少なく長期間美しさを保ちます。

・テーマに合わせることができる。石材は様々な種類や色、質感があり、それぞれ異なる雰囲気を醸し出します。外構のデザイン、テーマに合わせて選択できる。

・風格がある。石張りは自然な美しさと質感が魅力です。石の特性が空間に風格を与え、外観を豊かにし、上品な雰囲気を演出します。

・不動産価値の向上としてもよい。石張りは不動産の価値を向上させる要素の一つとしても知られています。美しい外装は不動産の魅力を高め、その価値を高めます。

・環境にやさしい。天然の素材である石は、環境に対しても比較的友好的です。また、リサイクル素材を使用することも可能です。


デメリット

・費用が高い。石張りは他の素材に比べコストが高い傾向があります。石を適当な形に割り、一つ一つ並べていくので施工としても手間がかかり費用も手間と比例し高くなってしまいます。

・環境によっては滑りやすい。石の表面は雨や雪などで濡れると滑りやすくなるため、配置に考慮が必要です。

*天候による影響を受ける石材がある。色や質感によってさまざまな石材がありますが、全部が全部鉄平石のように強固なものではありません。寒い地域では凍害を受ける石材もあります。

*車両乗り入れ不可の石材がある。石張りといっても施工の際に張る石はおおよそ2㎝~3㎝ほどの厚みの石を張るので車が乗ると割れてしまう石材もあります。※駐車場を石張りにしたい場合は鉄平石などの頑丈な石材を使用するか、石張りに似せたスタンプコンクリート、ステンシルなどの施工があります。


◇施工手順◇(乱形張りの施工手順)

石張りは主に下地コンクリートにノロ、またはモルタルで入りを並べ張っていきます。


①施工範囲に下地コンクリートまたは、下地砕石層を作る。

施工範囲に下地コンクリートまたは砕石層を作ります。

車が乗り入れる可能性がある場合や寒冷地、地盤が悪い場所などは下地コンクリートを打ち、その上に石を張ります。※下地コンクリートは、表面を仕上げない土間コンクリートです。土間コンクリートと施工方法は同じもので表面は石張りの際にモルタルなどがシッカリとくっつく様にあえて仕上げません。

歩行のみのアプローチなどの場合は砕石層の上にモルタルを敷き、石を張ります。※砕石層は水を撒き締固め、転圧機で転圧し、しっかりと締め固めることで均一に地盤の強度を高め、陥没しない地盤を作ります。


②石の配置決め

下地を作ったら石材を配置していきます。

乱形石の場合は決まった形ではないので角や合わせ目など加工が必要になります。加工方法はタガネで割ったり、サンダーで切ったり、石の形や配置によって、どのようなデザインになるかが決まるので職人の腕次第で雰囲気や出来上がりは変わります。その為、デザインやイメージを職人さんと密に話し合わなければ、あらかじめ決めていたデザインに近づけることは難しいといえます。


③張り

配置が決まったら固定材(ノロまたはモルタル)を使用し石を地面に固定していきます。張る際は水勾配をつけながら一枚ずつ張ります。乱形石の表面は真っ平なものは少なく、反っているものやくぼんでいるものがあるため、水勾配をつけてなるべく水が溜まらないように張る必要があります。


④仕上げと清掃

石張りを進めながら仕上げと清掃を行います。

石張りはモルタルなどの固定材を使用するので石張りをしながらモルタルなどが固まる前に細かな仕上げと清掃を行います。

石張りは雨などで濡れると色が濃くなり、乾いた状態とまた違った美しさがあります。

美しく飽きのこない外観は建物と一体としても高級感を感じられ、お客様にご満足いただけるかと思います。


■まとめ

メリットやデメリット、施工方法を紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか。

石材にも種類があり、施工場所に適した石材を使用することが大切です。

石張りの魅力はその美しさと耐久性にあり、石の多様なデザインと色合いは外構や庭、建物も特別なものに変え、長い間美しさを保ってくれます。費用面や施工の手間がかかる点も留意すべきですが、それでも石張りは豊かな魅力と価値があります。

外構は決して安い買い物ではないので、今回の内容をご覧いただき、一つのご参考にしていただければ幸いに思います。

最後までご高覧いただきありがとうございました。

                        アルティコ   熊谷